×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

     


太鼓の音色を聞くと、どんな感じがするでしょうか?

やっぱり「お祭り」ではないですか?

ちなみに私の近所では、夏を迎える季節になってくると、遠くの方から太鼓の音が聞こえてくるのが分かります。きっと、夏祭りの練習をしてるんじゃないかな〜なんて思うのですが、そんな時は、「もうお祭りの季節か〜」なんて感じたりもします。

実際に、太鼓を叩いたことはないのですが、あの音色こそ、日本人が心の奥底に感じる、なんとも表現のしようのない響きなのかもしれません。

そう言えば、太鼓の音と花火の音って、どことなく似ていますよね。ドンドン!と上がる花火と太鼓の音。これこそ日本の夏ってことではないでしょうか?

太鼓の音って、音程を変えられるわけでもなく、リズムを変えることで、人々を魅了する楽器です。単純なだけに、聞く人たちの印象に残りやすいとも言えます。

J−POPにしても、洋楽と比べると、とてもリズムがはっきりした音楽が多いような気がします。これってやっぱり、こんな太鼓のリズムに慣れ親しんだ日本人だからこそ、受け入れやすいものなのかもしれません。ちょっと飛躍し過ぎでしょうか?

いずれにしろ、これからも太鼓と夏、そして日本人には欠かせない楽器であり続けることでしょう。[link:バイアグラの個人輸入代行を利用してプロぺシアバイアグラを購入することが可能です。個人利用に限られます]

 
Copyright dondon.bufsiz.jp